©atelierHUGE  ©アトリエ・ヒュージ

福岡県の建築設計,住宅設計,店舗デザイン,リノベーション

行ノ町テラス2/Gyonomachi Terrace II

Concept​

下川端に建つ地元オーナーの経営する複合ビルの2階フロアを4室の賃貸オフィスとしてリノベーションしたプロジェクトである。一般的な賃貸オフィスは中廊下からそれぞれのオフィスにアプローチする構成になっているため、中廊下は日中でも照明を付けなければならず、開口もないため風も通らず不健康なイメージがある。原価消却の終わったビルであるため、共用部にゆとりを与えながら、オフィス内部のプライバシーを保護しつつ、全体が空間的に繋がり、街への広がりの感じられるオフィス空間を目指した。オフィスから離れて思い思いに仕事をしたり休憩することのできる「テラス」と名付けたスペースに通じる共用廊下とオフィスの境界には、アクリル板の障子とポリカーボネートの波板で構成されたスクリーンを吊っている。このスクリーンはオフィス内部のプライバシーを保護しながら、オフィス内部の活動や建物の水平窓から入る街や街路樹の様子や光を共用廊下へ緩やかに届ける装置である。

計画概要
計画地域:福岡市博多区
主要用途:レンタルオフィス

工事種別 : 内装工事(リノベーション)

施工面積 : 281.53㎡

​All photo by Toshihisa Ishii