島の家 001 / Island - House 001

住宅オーナーは能古島みらいづくり協議会の活動をきっかけに移住した第1号のご夫妻である。能古島での私自身の経験とオーナー夫妻の移住生活4年間の経験を通した、既存集落に相応しい現代の住空間が議論の中心になった。新築の計画が始まった時期は、移住当時は積極的だった住民との交流も落ち着いて強固なコミュニティへの弊害をオーナー夫妻が徐々に感じ始めた時期だったように思う。継続して能古島住民との良好な関係を築くためにも、プライベートな時間と空間を確保したいという思いを実現することが計画のテーマとなった。敷地は島の玄関口である渡船場からほど近い集落にある。向かいに住宅のある南側の前面道路と東側にお寺に登る坂道が通り、北側には休耕田と山が位置し、西側には水路を挟んで住宅が位置する。計画当初から、在宅中に最も長く過ごす居間と食堂の居心地と面積の確保、最低限の寝室を希望されていた。方形の屋根に包まれたロフトのある居間と食堂の吹き抜け空間は、家族や地域住民との団欒のためのスペースである。この空間を北側に配置して地域動線となる道路から離隔距離を十分に取ると同時に、玄関を利用せずに直接アプローチできる開口部を設けている。この開口部は西側の庭での休日のアクティビティと食堂との連続した使用が可能なように十分な間口を確保している。玄関・収納・浴室・寝室は、方形屋根の吹き抜け空間を地域動線から守るようにL型の下屋に配置している。

計画概要
計画地域 :福岡市西区

意匠設計・監理:水谷元 + 三宅唯弘 + 野見山優亮 / 三宅唯弘建築設計事務所 + atelierHUGE

構造設計・監理:満田衛資+佐藤陽介/満田衛資構造計画研究所

照 明:佐藤政章 / 株式会社モデュレックス

施 工:久木原圭一+河原朱里/久木原工務店

造 園:山口陽介/西海園芸

All photo by Toshihisa Ishii